みかんの白い筋には、実は栄養がいっぱい 効果はいかに。

貴方は、普段みかんをよく食べていますか。
みかんには栄養が豊富に含まれています。
その中で白い筋は、栄養が特にあると最近、テレビ、ネットで話題になっています。もう、情報がたくさん出ていますが、今回は、私なりに調べてまとめてみました。

イニオの効果と口コミ評価!販売店で市販されているのか近所の実店舗を調べてみた!

私は、みかんを食べるときに「白い筋」はとらないです。そのまま、食べています。みかんの白い筋に名前があって、検索したら1番に出てきました。それをみたとき、思わず吹き出してしまいました。「アニメに出てきそうな名称」に似たタイトルでした。みかんの白い筋は「アルベド」といいます。確かにアニメに出てきそうな名前ですね。息子は、アニメ好きなので喜びそうです。意味は「白さ」を指しています。白い筋は、かんきつ類にみられる果皮の内側の白い繊維です。アルベドは、食物繊維やビタミンが豊富に入っています。みかん由来ポリフェノール・ヘスペリジンが、実よりも筋に多く含まれているとまとめるうちにわかりました。このヘスペリジンは、毛細血管の強化、血流改善効果、抗アレルギー、血中コレステロールなどの効果が期待できます。
筋には、冷え性の効果もあります。サプリメントにも入っていると書いてありました。私も調べていくうちに「へえ」と関心をしました。みかんのパワーすごいです。
あと、もうひとつみかんの筋には、ビタミンPという成分も入っています。ビタミンPは、フラボノイド(色素)の総称です。ルチンやヘスペリジン、ケルセチンなどが合わせているのです。
ビタミンPの効能は、人間の体のいろんな箇所に必要とされています。特に毛細血管を強くする作用があります。成人病の予防にも役に立っています。

みかんの筋は、じゃまな存在だと思っていましたが、実はとても人間の体に必要とする栄養がつまっているものでした。昔からあるみかんは、漢方薬でも使用されるほど、栄養がつまっている果実のひとつです。
これからみかんを食べるときは筋をとらずに食べてみませんか。